今朝のオカズはなんでした?物忘れ診断室

今朝のオカズはなんでした?物忘れ診断室
脳の活性化と生活習慣の改善で「物忘れ」を解消サイト

あなたの物忘れ度はどのくらい?1分診断

物忘れ脳の老化だけでなく、偏った食生活や睡眠不足などさまざまな原因で引き起こされる「物忘れ」。

このサイトでは、あなたの物忘れ度をチェックリストで即診断。物忘れの原因や対策方法についてもまとめています。

あなたの物忘れ度チェック

質問内容 あまりない たまにある よくある
その話、さっきも聞いたと
言われてしまう
人や物の名前が
思い出せない
ものをしまった場所を
思い出せない
漢字が
書けなくなった
今やろうとしていたことを
忘れる
家電の説明書などを読むのが
面倒
おしゃれや身だしなみに
関心がなくなった
外出するのが以前に比べて
面倒になった
簡単な足し算や引き算を
ミスしてしまう

 

物忘れにはサプリメントが有効

ここでは、物忘れの原因について解説していきます。

脳の劣化 最も多い原因が加齢による脳の劣化と言われています。さらに、仕事を退職して日常生活に刺激が少なくなると、判断力が鈍り、物忘れが起こりやすくなります。
偏った食生活 ファーストフードや、牛肉、豚肉などに含まれる脂質・飽和脂肪酸・コレステロールを取りすぎることによって認知症の発症率を高めます。
睡眠不足 質の高い睡眠が取れないと、体力が回復せず、脳内の記憶部分をつかさどる海馬が衰退していきます。
ストレス ストレスがあると、集中力が落ちやすく、理解力や記憶力も落ちるので物忘れが多くなります。高齢の方は、老人性うつ病から認知症へと進行する場合があります。
病気 物忘れを起こす病気は、主にアルツハイマー病・老人性うつ病・脳梗塞などが挙げられます。

物忘れは上記のような原因により、脳に必要な栄養素が行き届いていないことから生じます。物忘れを予防するには、脳に直接作用する栄養素であるDHAやEPAなど脳に良い成分を摂取することが有効です。しかし、忙しい日々の中でDHAやEPAを上手く体の中に取り込むのは簡単ではありません。そこで活用してほしいのが「サプリメント」です。サプリメントは、脳の栄養素となるDHAやEPAなどの成分を、食事とは違って手間暇かけずに手軽に取り込めます。普段の生活の中に、サプリメントを上手く取り入れて、物忘れを改善しましょう。また、下記の脳に良い成分リストも是非ご覧下さい。

脳に良い成分を摂ることが大切

生活習慣、特に食生活が乱れている人は、脳の老化も早いといわれています。脳に良いといわれる以下の成分をしっかり摂取しましょう。

DHA/EPA

DHAは、脳の学習や記憶をつかさどる海馬に多く含まれる脂肪酸。EPAは、血液の流れをスムーズにする栄養素です。

アスタキサンチン

脳の老化を進める大きな要因のひとつである「酸化」を抑えることができる栄養素です。

イチョウ葉エキス

神経細胞や組織の損傷を引き起こす活性酸素を消去し、血小板の凝集を防いで炎症反応を抑える栄養素です。

レスベラトロール

神経細胞の生存や、シグナル伝達などの働きの活性化を促す栄養素です。

レシチン

記憶をつかさどる伝達物質のアセチルコリンの材料となる栄養素。

こうした有効成分は、サプリメントを活用すると効率よく摂取できます。物忘れを予防・解消したい人は、是非チェックしてみて下さい。

▲ページの先頭へ
今朝のオカズはなんでした?物忘れ診断室