今朝のオカズはなんでした?物忘れ診断室
脳の活性化と生活習慣の改善で「物忘れ」を解消サイト
HOME » もの忘れの原因は認知症かも? » 仕事のミスが増えてきた…若年性認知症の初期症状

仕事のミスが増えてきた…若年性認知症の初期症状

仕事でうっかりミスが続くようだと、若年性認知症の初期症状である可能性も…。若年性認知症が原因と考えられる、もの忘れの症状についてまとめています。

進行スピードが早い若年性認知症

若年性認知症は、18歳以上、65歳未満の若い世代で認知症が発症している場合の総称です。

もの忘れの原因については、まだまだ不明点も多いのですが、若年認知症は老年性のものに比べて病気の進行が早いことが分かっています。

たとえば、40歳代の患者の場合、老年性認知症に比べて2倍のスピードで進行してしまうといった調査結果もあるようです。

認知症の進行が早いため、症状も重くなるといった特徴が、若年性認知症にはあります。

若年性認知症の初期症状とは?

若年性認知症の初期症状は、うつ病に似ているため、本人も家族も、周りの人も気づかないことが多いようです。

しかし、頭痛、めまい、不安感、不眠などの老年性アルツハイマー病と同じような症状が出たときは、注意が必要です。

急に仕事のミスが増えたり、家庭で当たり前にできていたことが、急にできなくなったりしたときは、若年性認知症を疑った方がいいでしょう。

若年性認知症の原因

若年性認知症は、分かっている原因として次のようなものがあります。

  • 転んだり、事故にあったりして、頭部に強い衝撃を受けた後遺症
  • 脳の委縮
  • 遺伝
  • 脳の血管の詰まりや、血流の減少にともなう脳の乱れ

もちろん、原因不明のケースも多いので、これらに当てはまらなくても注意する必要があります。

身内に若年性認知症の患者がいる、頭をぶつけた、脳梗塞の可能性を指摘されたなどの心当たりがあるときは、早めの受診が必要でしょう。

▲ページの先頭へ
今朝のオカズはなんでした?物忘れ診断室